zenikawa blog

銭川温泉の日記です。ホームページhttp://www.zenikawa.net

八幡平も初夏の景色になりました。

すっかり銭川の周りも緑に溢れ、新緑から深緑へと変化しました。

f:id:zenikawaonsen:20160523130930j:plain
賑やかな連休が終わり、バイク旅の方がふらりと寄って下さったり、休日のリフレッシュにお泊まりくださる方がいらしたり、、特に長期湯治滞在されるお客様が多い時期となりました。

1〜2週間以上滞在される方が多く、そうなるとやはりお帰りの際はとても寂しい気持ちに。
でもまた新たに入れ替わりで長期滞在しにきてくださる方もいて、寂しい、嬉しいの繰り返しです。常連の方が多い時期でもあるので、皆様全国津々浦々からお越しですがお客様同士顔なじみの方も多く、会話の様子から湯治場がちょっとした村のように感じられます。

そして日も長くなり、朝も早くやってくるので、行動開始も皆様早く、日中は少し静か。
そして、また日が暮れてくるとお出かけになっていた方たちが帰ってきて、
テレビの相撲を前に大歓声。その様子もなんだか嬉しい気持ちになる穏やかな時間が流れるこの頃です。

 


日曜日の昨日は
山開きの帰りに立ち寄ってくださる方、
たざわこクラフト市への通り道にアケビのカゴを求めて立ち寄ってくださる方、
近くのお宿さんにお泊まりの方たちがランチによって下さったりとお昼時は少し賑やかでした。
お越しいただきありがとうございました。

目的はもちろんそれぞれですが、こうして八幡平まで足を運んでくださることが感謝だなあと思う毎日です。



さて、近隣の様子ですが。
銭川温泉から車で約10分先の大場谷地湿原では水芭蕉が見ごろです。
これから、ワタスゲコバイケイソウ、日光黄菅、と花の季節が続きます。

大沼も見ごろのようですよ(^^)

f:id:zenikawaonsen:20160523131350j:plain






山頂周辺は雪はまだ少し残っているようで、散策には滑り止めなど雪上でも大丈夫な靴が必要ですが、こちらも雪が溶けると短い夏の間にたくさんの植物が咲き誇ります。

また、八幡平アスピーテラインも夜間通行止が解除となり、夜間の通り抜けが可能に。
日の出や日没の景色も最高ですよ。

f:id:zenikawaonsen:20160523132809j:plain


こちらは2年前の写真ですが、山の上から見る夕日は格別です。
晴れた日はその瞬間を狙うカメラマンさんたちとお会いすることもしばしば。



また、八幡平ビジターセンターでは
日の出を見るイベントも毎年大人気開催されています。
今年もあるようですのでぜひ。

f:id:zenikawaonsen:20160523133034j:plain



冬景色もいいですが、やはり緑の季節は爽やかで気持ちいいです。



先に書きましたように
昨日は山開き、そして、国立公園指定60周年の記念行事が行われました。
残念ながら出席はできませんでしたが、
この豊かな自然はもちろん、それを守り伝える方々がいて八幡平があります。

感謝です。記念スタンプラリーなどの企画もありますので、是非是非メモリアルイヤーの八幡平へお越しください!

十和田八幡平8060キャンペーンを実施します!


(この頃、クマの目撃・人への被害が頻発しております。八幡平、鹿角に限らず県内はツキノワグマの生息域です。これからタケノコ採りシーズン最盛となりますが、十分注意、対策の上お出かけくださいますようお願い致します。)

:::::::::


最後に
お知らせしておりました
7月10日の湯治場マルシェ。

県外の方からもお問い合わせ、イベントに合わせたご宿泊予約をいただいています。
ありがとうございます。

素敵な出店者さまがお集まりになりますので、
目で見て、店主の方とお話しして、手にとって、自然も楽しんで、
その場、時間を楽しんでいただけたら嬉しいです。

そしてぜひ八幡平の山の景色、他の温泉宿さんの湯巡りも道中楽しんでいただきたいです!
お待ちしております!



今日は八幡平を連発してみました。

(八幡平ははちまんたいと読みますよ)

それでは。
:::::::::::

詳細はこちら

湯治場マルシェ - 緑と暮らす谷間の宿 銭川温泉

 

※ご宿泊は9日と10日の連泊を希望の場合一度部屋を開けていただきます。10日のチェックイン時間はイベント終了後17時以降となりますのでご了承ください。


:::::::::